トップページ > 製品紹介 > 殺菌水の特徴

殺菌水の特徴

SteraTech(ステラテック)が作る殺菌水"次亜塩素酸水"の特徴について簡単にご説明いたします。

殺菌力、消臭力、農薬の分解力

SteraTech(ステラテック)がつくる「次亜塩素酸ナトリウム」は、厚生労働省に殺菌剤として認められている
「次亜塩素酸ナトリウム希釈液」と同等以上の有効な殺菌水です。
したがって、その除菌特性も同じであり、細菌を迅速に死滅させ、ウィルスも不活性化します。
広い殺菌スペクトルを持ち、耐性菌を作らない等の非常に優れた殺菌力のほか、優れた消臭力、農薬の分解力も
持っています。

安全性
  • 適正な次亜塩素酸濃度
    SteraTech(ステラテック)がつくる次亜塩素酸の源は、水に溶けている「塩化物イオン」と極少量の「食塩」です。
    水道水に溶けている「塩化物イオン」の濃度は日本各地の水道局ごと、また季節によっても異なりますので、 SteraTech(ステラテック)では、水道水中の塩化物イオン+極少量の「食塩」を使う事により、 毎回安定した濃度で必要十分な殺菌力をもった殺菌水を作ることができます。
    もし、いつも使っている水道水中の「塩化物イオン濃度」が分からない方は当ウェブサイトの上部にあります
    「各地の水道水」をクリックしていただき、ご自分の使う水道水の 「塩化物イオン濃度」をご確認していただけます。
  • 人体に対する安全性
    次亜塩素酸系殺菌剤(水)については、これまで各種の製品で安全性が確認されております。
    厚生労働省の諮問機関である「食品安全委員会」では急性経口毒性試験、皮膚刺激性試験、急性眼刺激性試験、皮膚感作性試験、口腔粘膜刺激性試験、 復帰突然変異試験および染色体異常試験を綿密に行い、いずれにおいても大きな変化は認められておりません。
    細胞毒性でも他の市販の消毒薬よりも低く、また発がん性もないことから厚生労働省からも「食品添加剤」として認可されています。
  • SteraTech(ステラテック)の優位性
    SteraTech(ステラテック)は、次の諸点で、他の次亜塩素酸系殺菌剤(水)に比べて優れています。
  • 手あれ等
    中性領域に極めて近い「微アルカリ性領域」ですから市販されている希釈などを必要とする次亜塩素酸ナトリウム系殺菌剤のような ひどい手あれは生じません。
  • 誤飲等
    飲料用の水ではありませんから絶対に飲まないで下さい。
    しかし、万一飲み込んでも問題はありませんが、ただちに大量の水(飲料水)を飲んでください。
  • 臭い
    ほんの少し塩素独特の臭い(カルキ臭)がしますがすぐに消えます。
    また、殺菌した物に臭いが残ることもありません。
注意事項
  • 水素ガスの発生
    電気分解の陰極側では「水素」が気体状で発生します。SteraTech(ステラテック)の運転中に水中に発生する細かなバブル (気泡)はこの水素ガスですが、非常に少量なうえ、完全密封ではありませんので、速やかに大気中に放出され危険は全くありません。
    容器の蓋をしないで運転することも可能ですので、水素が容器内に充満するようなことはございませんが、故意に火を近づける等のないよう、 十分にご注意下さい。
    なお、この水素ガスのバブル発生は、次亜塩素酸の迅速で均一な拡散を促すための穏やかな対流を引き起こしますので、 容器の中に物を入れた場合はスピーディーに満遍なく殺菌ができるというメリットがあります。
  • 塩素ガスの発生
    高濃度の次亜塩素酸系殺菌剤(水)は、pHが約3以下になると塩素ガスを多量に発生します。
    しかし、SteraTech(ステラテック)がつくる殺菌水の次亜塩素酸濃度は、普段の生活に必要な濃度ですから、 たとえ酸性になっても塩素ガスを多量に発生することはありません。
    ですが、念のため強酸性の薬剤との併用はお避けください。

本製品が作り出す殺菌水には除菌をしたりウイルスを抑制したりする機能はありますが、 これにより滅菌状態を作り出すものではなく、感染予防を保証するものではありません。
また、本製品は医療機器ではありません。

ページのトップへ戻る